データ復旧サービス

データ復旧サービス

あなたの大切なデータが消えてしまったら・・・
「データ復旧サービス」を是非ご検討ください。

こんな時にデータ復旧サービスを

  • ・誤った操作によってファイルを削除してしまった
  • ・机から落としてしまい、PCが起動しなくなった
  • ・ウイルスに感染し、PCが起動しなくなった
  • ・内蔵ハードディスクから音がして、アクセスできない
  • ・昨日まで使っていたPCが突然起動しなくなった…etc

そんな時は・・・

当社の「データ復旧サービス」にお任せください!

大切なファイルを誤って削除してしまったり、サーバのハードディスクが故障で動かなくなった場合、復旧料金だけでデータ復旧業者を選ぶのは危険です。
技術力やセキュリティ、対応の早さなども重要な要素です。
当社は、あらゆる手段で復旧を試み、大切なデータをよみがえらせます。

特長

  • ■安価な料金設定
    • 初期診断費用は必要ありません。
  • ■ハードディスク関連機器専門メーカとの技術提携による高い技術力
    • 障害内容に合わせた最適な方法で、かつ様々なメディアに対応します。
  • ■万全のセキュリティ体制
    • 万全のセキュリティ対策により、重要情報の漏えいを防止。
  • ■物理障害に対応
    • ハードディスクが破損している場合にも対応可能です。

こんな時は論理障害[HDD内のファイルが損傷]

  • ・誤ってフォーマットしてしまった
  • ・起動しないソフトがある
  • ・起動時にエラーメッセージが表示される
  • ・ブルーバックになる
  • ・Windowsの起動が途中で止まる
  • ・開けないファイルやフォルダがある
  • ・ウイルスに感染したようだ
  • ・「不明なファイルシステムです」と表示される
  • ・Check Diskが頻繁に起こる
  • ・Operating System Not Found」と表示し起動しない
  • ・ファイルやフォルダを削除、ゴミ箱を空にしてしまった

こんな時は物理障害[HDDが物理的に破損]

  • ・ハードディスクが認識されない
  • ・ハードディスクから「カチカチ」「カタカタ」と異音がする
  • ・ハードディスクのモータが回転しない
  • ・突然PCが立ち上がらなくなった
  • ・BIOS上で認識されない
  • ・ファイルやフォルダをコピーできない
  • ・PCにコーヒーをこぼし起動しなくなった
  • ・落雷、落下などの後に起動しなくなった
  • ・PCが起動を繰り返す
  • ・電源を入れると焦げ臭い
  • ・PCを水没させた

サービスの流れ

STEP1お問い合わせ

障害発生時の状況などを、「お電話」又は「e-mail」からお知らせください。
お問い合わせ先電話番号 0800-111-8639 e-mail info@hoyu-sangyo.jp

STEP2お申し込み

「データ復旧作業同意書」をお読みいただき、ご同意いただいた上で「データ復旧作業申し込み書」に障害状況や復旧希望のデータ等をお分かりになる範囲でできる限り詳細にご記入ください。
ご記入いただいた「データ復旧作業申し込み書」をFAXにて当社までご送信ください。
FAX番号 027-255-4111
機密保持契約をご希望のお客様は、契約を締結させていただきます。

STEP3発送

障害の発生したメディアに「データ復旧作業申し込み書」を同梱の上、当社までお送りください。
送付先 朋友産業㈱ 小林宛 HDDの場合、HDDのみでの調査・診断が可能ですが、取り出しが困難な場合はPC本体ごとご送付ください。なお、ご送付の際は以下注意事項をご参考にしてください。

ご送付の際のご注意について

  • ・HDD等のメディアは、非常に精密な機器です。PC本体からの取り外し時や、送付時には取り扱いに十分ご注意ください。
  • ・送付に使用するダンボールには緩衝材を十分に入れ、HDD等のメディアにはエアキャップ等を使用し、梱包してください。
  • ※当社は、輸送中の事故については一切責任を負いかねますので、あらかじめご承知おき願います。
  • ※梱包したダンボールには、必ず「精密機器」「取扱注意」等の表示をしてください。

STEP4調査

障害メディアが当社に到着後、障害現象の確認、復旧可否の確認等の初期調査を実施いたします。
本調査は、到着後2〜5日いただきます。
※障害状況によっては、上記期間内に終了しない場合があります。その際はご報告いたします。 調査完了後は、「調査結果報告書兼見積書」をメール又はFAXで送付いたします。
報告書類をご確認いただいた上で、復旧作業を行うかどうかのご判断をしていただき、「調査結果報告書兼依頼書」の回答欄に必要事項をご記入の上、14日以内にFAXにて当社までご送信ください。

STEP5復旧

「調査結果報告書兼見積書」受けましてご請求書を送付。ご入金確認後、「データ復旧作業申し込み書」に従い、ご希望データの復旧作業を実施いたします。
メディアからデータを回収し、納品メディア(HDD等)への移行作業を行います。これらの作業は、障害度合いや状況により異なりますが、1週間~1ヶ月程度の期間をいただきます。
※障害状況により作業が長期にわたる場合には、途中経過をメールにてご報告いたします。

STEP6納品

お預かりしたメディア、復旧データを格納したメディアを送付させていただきます。
送付品に「ご請求書」を同梱させていただきますので所定の手続きによりご入金をお願いいたします。

注意事項

  • ・HDD以外の故障(例えば、PCのマザーボードに起因する障害等)によるPCの障害につきましては、本サービスの対象外となります。
  • ・本サービスは、お預かりするHDDに含まれるデータをファイル形式で復旧するサービスであり、以下のサービスは、本サービスの範囲に含みません。
  • ・原因の調査・解析:復旧の可否を調査するのみであり、不具合に至る原因等の調査・解析は行いません。
  • ・修理:データ回収のために、HDDの修理に類する行為は行いますが、お客様の再利用を前提とした修理行為は行いません。
  • ・HDDの記録状態によっては、データの復旧が不可能な場合があることをご了承ください。
  • ・HDDをPCから取り外すために、PCを解体することがあります。PCを解体した場合、PCメーカによる保証を受けることができなくなる場合があります。また、HDDの物理障害の場合、HDDを開封する場合があります。HDDを開封した場合、HDDメーカによる保証を受けることができなくなりますので、あらかじめご了承願います。

データ復旧サービス対応一覧表

サービス名 データ復旧サービス
対応可能メディア ハードディスク、各種フラッシュメモリ、CD、DVD
対応可能インタフェース ATA / SATA / SCSI / SAS / FC
ハードディスク区分 クライアントPC / サーバ / NAS / RAID
障害区分 論理障害対応 対応可能メディア全て対応
物理障害対応 ハードディスクのみ対応
復旧データ格納メディア CD-R、DVD-R、外付けハードディスク(復旧容量20GB以上の場合)

復旧事例

順番 メーカ名 型番 メディア 容量 障害内容/確認結果
1 富士通 PRIMERGY TX150 SCSI-HDD 36.7GB × 3本 RAID5 RAID 構成不一致にてシステム起動不可
2 Sony 3.5″FD 1.44MB R/W 不可
3 Buffalo LS-WX2 OTL/R1 SATA-HDD 1TB × 2本 起動しない
4 Westem Digital WD800JD ATA-HDD 80GB PCがブルースクリーン
5 Sony VGC-V204RB SATA-HDD 320GB OSを読み込まない
6 Seagate Barracuda 7200.11 SATA-HDD 500GB BIOSで認識しない
7 Seagate ST3500630AS SATA-HDD 500GB HDDから異音
8 Buffalo HD-HES500U2 SATA-HDD 500GB 突然認識しなくなった
9 Buffalo HD-PHC120U2 ATA-HDD 120GB 起動不可
10 Westem Digital WD400EB ATA-HDD 40GB カチカチ音がする
11 NEC PC-VL5707D SATA-HDD 150GB PCがフリーズし起動不可
12 IOデータ HDN-810M ATA-HDD 810MB PC98で使用中突然起動しなくなった
13 SAMSUNG SP1614N ATA-HDD 160GB OSが起動しない
14 Westem Digital WD400BD SATA-HDD 40GB 使用中いきなりダウン。その後認識しない
15 Sony PCG-FR55G/B ATA-HDD 40GB 起動しないAPがある
16 Buffalo HD-CL500U2 SATA-HDD 500GB 認識しない
17 Seagate ST380021A ATA-HDD 80GB 作業中PCがフリーズし起動しなくなった
18 Westem Digital WD1600BB SATA-HDD 160GB 突然認識しなくなった
19 MAXTOR 4D080H4 ATA-HDD 40GB
20 Sony CD-R 700MB CD-R 700MB 突然使用できなくなった
21 Seagate Barracuda 7200.12 SATA-HDD 160GB Windows起動せず
22 Dell LATITUDE D505 ATA-HDD 80GB OSが起動しない
23 IOデータ USBメモリ USBメモリ 4GB
24 Buffalo HD-2501U2 ATA-HDD 250GB ヘッド障害
25 東芝 MK2555GSX SATA-HDD 250GB ヘッド障害。プラッタに擦り傷
26 Westem Digital WD400EB ATA-HDD 40GB ヘッド障害
27 SAMSUNG SP0802N ATA-HDD 80GB ヘッド障害
28 東芝 MK6034GAX ATA-HDD 60GB 不良セクタによるREAD障害
29 Buffalo HD-HES500U2 SATA-HDD 500GB F/W障害
30 HP ML370G4 SATA-HDD 500GB × 3本 RAID5 F/W、プラッター障害
31 Buffalo RCF-R CF-カード 8GB マスターブートテーブルの破損
32 TDK MO MO 640MB フォーマットを促すメッセージ
  • ・上記は、あくまでも復旧に成功した一例となります。
  • ・同型番のメディアであっても、症状により復旧できない場合があります。

データ復旧Q&A

Q.データ復旧はどのような場合に必要ですか?
A.パソコンに記憶されている貴重なデータが、ハードの故障やソフトのエラー、人為的操作ミス、停電、ウィルス、自然災害(地震・雷・台風・水害)などの障害で読み出せなくなったときに必要となります。
Q.「データ復旧」と、データリカバリー、データ復元、データ修復、データ復活、データサルベージ、データ救出、データレスキューの違いはありますか?
A.呼び方が違っているだけで、意味に違いはありません。
Q.データ復旧サービスと一般的な修理サービスの違いはなんですか?
A.一般的な修理サービスは、メディアの機能を取り戻すことを目的に作業を行いますが、データ復旧サービスはデータの復旧目的に作業を行います。
パソコンのハードディスクが壊れた場合、一般的な修理サービスの場合、ハードディスクの交換を行うためハードディスク内のデータは戻ってきませんが、データ復旧サービスの場合、ハードディスクの一時的な修理やデータの修復を行うことにより、データの抽出を行い、ハードディスク内のデータを取り戻すことが可能です。
Q.データ復旧をした場合のデータの引渡しはどのようになりますか?
データ復旧対象の記録媒体(障害メディア)について、データ復旧後はどのような扱いになりますか?
A.復旧データの引き渡しは、データの容量によって適切なメディア(CD,DVD,外付けハードディスクなど)に格納し納品いたします。
基本的には、復旧容量が20GBを超えた場合は、外付けハードディスクに格納します。
お客様の障害メディアに関しましては、通常、お預かりした状態のままでご返却いたしますので、特別な修理等は実施いたしません。
Q.データ復旧できる対象の記録媒体はどのような種類のものが可能ですか?
A.ハードディスク、フラッシュメディア(デジカメなどに使用するSD、CFなど)、USBメモリ等です。また、サーバやNASなどのハードディスクも可能です。
Q.データを損失しないための予防策はありますか?
A.メディアトラブルは注意していても避けられません。しかしウィルスなど悪意あるプログラムへの対策を行い、バックアップをこまめに取ることで、その被害を最小限にすることが可能です。
また、メディアの環境を改善することで、寿命を延ばし信頼性を向上することが可能です。以下は一例です。詳しくはメディアのマニュアルなどをご参照ください。
  • ・塵や埃を避けて使用する。
  • ・乾燥した環境で使用する(湿気に弱いため)
  • ・高温を避けて使用、保管する。
Q.ハードディスクがパソコンから取り外せない場合はどうしたらいいですか?
データ復旧を依頼する場合は、対象のシステム(パソコン本体や外付けハードディスク本体)を送付する必要がありますか。
A.基本的にはメディア(ハードディスク、USBメモリなど)のみを送付いただければ結構です。ハードディスクの取り外し方がわからない、または困難な場合にはパソコン本体ごとお送りください。
Q.削除や、フォーマットしてしまったデータは復旧できるのでしょうか?
A.パソコンで誤って削除(ゴミ箱を空にする)やフォーマットしてしまった場合は、直後であれば復旧できる可能性が高いのですが、削除、フォーマットしてしまったデータ領域に上書きしてしまうと、復旧が不可能となりますので注意してください。
Q.ハードディスクから変な音がします。どうすればいいでしょうか?
A.すぐにパソコンの電源を切り、ドライブの使用を中止してください。
ヘッド・クラッシュなどの機械的故障により異音が発生しているケースが多く、その場合にモータが回転することで、記録面を傷つけてしまい、データ復旧が出来なくなる可能性があります。